【よく聞きます、言っちゃいます!?】 クルマ界の「常套句」

 常套句(じょうとうく)。ある場面にいつも決まって使う文句、言葉。決まり文句。決まりきった、またはありふれたやり方のこと。「常套の手法」「常套手段」などという。
 たとえば上の場面なら「急いでいたんですか〜?」、社会人なら別れ際の「今度お酒飲みに行きましょうよ」。これらですよ。常套句(決まり文句)の典型だが、お酒飲みにいったためしがない(笑)、という人も多いのでは? その常套句、クルマ業界にも数多く転がっている。「あるある〜」的なものを取りあげていこう。今回は「切り返しのひとこと」(ツッコミの言葉など)も伝授。なにかと役立つはずだ。
文・写真:Laptrinhpic編集部
初出:Laptrinhpic2017年3月10日号


■自動車ディーラーマン編

 クルマ業界の常套句を業種や状況別に挙げていくが、まずは「自動車ディーラーマン」。

[常套句] ここだけの話、店長と相談して値引き額を勉強させていただきました

 いきなり出ました〜。新車購入時、「もっと値引きできませんかね?」(お客)に対する、ディーラーマンの常套句。見積もりを前に値引き交渉を延々と続け、最後の最後で、切り札的にこの決まり文句を言うことが多い。

[切り返しのひとこと] 「本当にここだけの話ですか? どのお客にも言ってんじゃないの」

 とツッコミを入れよう。そうすれば値引き額が上がるかも!? (ちょっとがめつすぎますか)

[常套句] この場で契約していただけたら

 前項同様、これも新車購入時にディーラーマンが使う常套句だが、こちらはより“甘い蜜”的な決めゼリフ。だって「この場で契約していただけたら、ウン万円値引きをさせていただき、さらにナビもサービスします」などと言葉が続くことが多いから!
 クルマ業界だけでなく家電業界など売る側がよく使う文句で、即決を迫る心理作戦の一環だろう。

[切り返しのひとこと] 「家族と相談したうえで決めたいんです」

 いかにも自分には決定権がないフリを見せ、自分に有利な金額のままで後日じっくり交渉するのが得策である。家電を買う時などにも、このテは使えたりする。

[常套句] まだ新型車なので値引き額は少ないですが、今ナビのキャンペーンをやっていまして◎万円ぶんお得です

 やや長い言い回しの常套句だが、“あまり値引きはできないけどとっても売りたいのよ〜!”というディーラーマンの心の叫びがにじみ出ているような言葉だ。いろんなものをパック料金にしてお得感を出す作戦。交渉時、隣にヨメさんがいたら間違いなく引っかかる常套句である。

[切り返しのひとこと] 「カーナビ使わないから、お得に感じないんスけど」

 こちらはあくまで値引きが目的で、パックでのお得感はどうでもいい、ということを暗に伝えるためにこう切り返す。ディーラーマンに、まるめこまれてはいけない。

[常套句] ◎◎◎さんのところのクルマも悪くないですけどね……

 ディーラーでの交渉時、他社の競合車の名前をお客が言った時の常套句。決してあしざまに競合車を言うことはないが、自社のクルマのほうがいいと暗に主張する言葉。
 この微妙なニュアンス、いかにも日本人的な常套句だ。

[切り返しのひとこと] 「その競合車のお店でも同じことを言われましたよ」

 この一言、ディーラーマンにはけっこう効くはず。悔しいからサービスしてくれるかもしれない。

■自動車メーカーの人編

 お次は自動車メーカーの人が使う常套句。我々Laptrinhpic編集部員はメーカーの人と接することが多いのだが、ギョーカイ的に“あるある!”という言葉を2つ取りあげよう。

[常套句] 来場されたお客様の反応を見て、市販化するかどうか今後、社内で検討させていただきます

 東京モーターショーなどで、メーカーが出品する話題のコンセプトカー(いかにも市販が近そうなモデル)に対して、マスコミはメーカー広報部などに決まってこう聞く。「このクルマ、市販はしないんですか?」。それに対する自動車メーカーの人の常套句がこれ。ホント、決まってこう言うんですよね。

[切り返しのひとこと] 「そう言ってお蔵入りになったコンセプトカーは山ほどあるじゃないスか!」

 編集者の心の叫びとしてこうツッコミたい。
 しかし、’13年の東京モーターショー、その時コンセプトカーだったハスラーに対してもスズキ広報部の人はこの常套句を使っていたが、その約1カ月後に発売開始。ショーの時、すでに市販化は決定で、それは“隠れ蓑的な常套句”だったのかもしれない。また今年になってからは東京オートサロンで出品されたスカイラインプレミアムスポーツ、このコンセプトカーについても日産広報部の人はこの常套句を使っていた。

[常套句] それはLaptrinhpicさんが詳しいでしょ〜

 新型車の試乗会などで、開発陣から次期モデルの情報を聞きだそうとした時、割って入る広報部の人の常套句。

[切り返しのひとこと] いやいや、メーカーさんからの情報だけが頼りですよ〜」

 スクープ情報をウリにするLaptrinhpicとて、広くネタを拾わないとスクープ記事はできないわけ。ここは低姿勢での切り返し作戦に出る。メーカーさん、今後ともヨロシクね。

■交通違反取締り中の警察官編

 正直、あまり会話したくない警察官からも常套句を聞くことがあったりする。

[常套句] 急いでいたんですかぁ〜?

 はいでました。本企画のメイン写真で取りあげている常套句がこちら。速度超過違反で白バイやパトカーなど警察に捕まった時、決まって警察官はこの常套句で切り出す。しかも妙に優しい言い方で(それが余計に腹が立つ)。え? 担当はそんな違反なんてしませんよ。人から聞いた話ですから。あくまでも。

[切り返しのひとこと] 「急いでいたら、とばしていいのか?!」

 もしそんな状況になったら、その警察官に向かって腹の底からこう言い返しましょ。少しはスッキリするかも!

[常套句] 今回は29km/hオーバーで記録しましたから

 こちらも速度超過違反の状況。本当は32km/hオーバーだったけど、赤切符だとゴネられて面倒だから警察官がつい言う常套句がこれ。もちろん担当が実際聞いた常套句ではなく、人から聞いたもの。

[切り返しのひとこと] 「大谷選手の球よりは遅いでしょ?」

 こんなギャグで開き直るしかない。

■自動車評論家のみなさま編

 深くクルマに接し、鋭くクルマを評価する自動車評論家のみなさんだけに常套句も数多い。雑誌の誌面などで見かけるそれらを一挙ご紹介。

[常套句] 「最近では珍しい個性的な乗り味の一台だ」

 まぁ、要するに“あかんハンドリングのクルマ”ということをぼやかして言う常套句。日本人って優しいですね。

[常套句] 「熟成に期待したい」

 登場したばかりの新型車に対して、ダメとは言えない時の常套句。便利な決め言葉。

[常套句] 「デザインのよし悪しは人それぞれの感じ方だから

 仮に誰もが認める格好いいクルマなら、こういう表現をしないのが自動車評論家。なのでこの場合、「格好悪ぃ〜!」クルマに対するオブラートに包んだ常套句ということ。

[常套句] 「コーナリング時のオンザレール感覚」

 ロールが安定していて意のままに走れる……。そんなクルマのインプレ記事では決まってこの常套句だ。

[常套句] すべてにバランスが取れている」

 なんの特徴もないクルマを評価する時、ついこの“”魔法の言葉〟を使ってしまう。ある意味、使い勝手はいい。

[常套句] 「クルマ好きには物足りないかも」

 僕にとっては、というのをクルマ好きに置き換えて責任転嫁の常套句。

[常套句] 今回試乗した個体特有の問題点かもしれないが」

 超辛口の評価をした後、フォローする意味も込めてよく使う決まり文句。でも、個体差が著しい量産製品というのもいかがなもんかと……。

[常套句] 「トヨタなら売れている」

 番外篇的に、普段の会話で評論家さんが使う常套句。期待した新型車(トヨタ以外)が売れていない時、ポツリとこの常套句を。宣伝を含めた販売力が違うからね〜。

■スタンド店員&中古車販売店員編

 ここからはガソリンスタンドと中古車販売店、それぞれのスタッフの常套句を。サービス精神があるゆえつい言っちゃうんですよね、きっと。

[常套句] 水ぬき剤、入れましょうか? オイル、見ましょうか?(ガソリンスタンド店員)

 給油に来たクルマの走行性能、安全面のために店員さんがつい言ってしまう決めゼリフ。いわばスタンドでの“キング・オブ・常套句”だ。

[切り返しのひとこと] 「昨日、自分で入れました」「自分で見ました」

 もしそんな状況になったら、その警察官に向かって腹の底からこう言い返しましょ。少しはスッキリするかも!

[常套句] 高価買い取り(中古車販売店員)

 中古車販売店にはなくてはならない、いわば“精神的支柱の常套句”。だから店員さんも「高価買い取りが基本ですから〜」とよく使うし、店ののぼりにもこの文字が躍る。

[切り返しのひとこと] 「高価で買い取ってくれるまで帰りません」

 “高価買い取り”という常套句を有言実行してもらうために。

[常套句] 待っていても出ないですよ(中古車販売店員)

 さほどタマ(在庫)数が多くない中古車で、好みのグレードがなく迷っている時、中古車販売店員が言いがちな常套句。お客を落とす時の決めゼリフにもなっている。

[切り返しのひとこと] 「鳴くまで待とう、出るまで待とうホトトギス」

 かの徳川家康の名句を用い「好みのグレードは譲れないのでそのタマが出るまで待ちます」と伝える。果報は寝て待て。

■カー用品チェーン店店員編

 最後はクルマ好きが集う場、ここの店員さんの常套句。思わず“あるある!”ですよ。

[常套句] 最安値に挑戦!

 店内のアナウンスやPOP、チラシの常套句がこれ。お客としては「おお〜、どんどん最安値に挑戦してちょうだい」と思う。加えて「今話題の!」も常套句だ。

[切り返しのひとこと] 「もっと安くなりますか?」

 最安値に挑戦しているのだから、やがてさらに安くなる可能性もあるはず。恥ずかしがらずに、がめつく店員さんにこう切り返すべし。

[常套句] ちょっとクルマがもったいないですよ

 タイヤ交換時、予算を抑えようと安めのタイヤを買おうとする時の、店員さんの決め文句。「いいクルマに乗っているんだから相応のいいタイヤが釣り合いとれますよ」→「なので高いタイヤを買ってね」と誘う巧みな常套句だ。

[切り返しのひとこと] 「クルマがこのタイヤで充分と言っているので」

 予算がある時は高価なものを履きたいが、そうでない時は我慢してこう切り返そう。“武士は食わねど高楊枝”である。

*   *   *

 常套句に対する「切り返しのひとこと」。うまく使っていただけたら幸いです。


【番外編コラム:自動車雑誌のあるある常套句

 Laptrinhpicをはじめ自動車雑誌で目にする常套句を一挙紹介しよう。

「ゴルフバッグが◎個積める」「人馬一体感がある」「質実剛健」「ニュルブルクリンクで◎秒」「高級感あるインテリア」「地を這うような」「このクルマのハンドリングはリニアだ」「40タイヤとは思えない乗り心地」「ゴーカートフィーリング」「◎◎譲りのスタイル」「羊の皮を被った狼」「猫足」「官能的フォルム」「官能的エンジン音」

 ふ〜〜む。常套句(決まり文句)というよりも「ボキャブラリーが少ない。あるいはマンネリ的表現」という指摘をされかねませんなぁ。……稀勢の里の言葉じゃないけど、表現力を高めるよう「編集者として精進します」。

ゴルフバッグが4個積めます
ゴルフバッグが4個積めます

 

最新号

Laptrinhpic最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |Laptrinhpic11月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ

https://designedby3d.com

animal pak купить

http://best-mining.com.ua