増えるクルマのド派手顔!! 「好きに選べばいい」だけでは済まない理由

 アルファード/ヴェルファイアをはじめとしたミニバン、それに軽ハイトワゴンのカスタムモデルなどのフロントマスクはモデルチェンジの度にギラギラしたメッキパーツを多用してド派手さを増し、さらにコンパクトカーまでド派手顔が出現している。

 このドヤ顔デザインが増加している今の日本車の傾向。もちろん購入したーオーナーは満足しているようだけど、「日本に溢れてくるとさすがにちょっと恥ずかしい」と思う人も増えてきた印象。そこで自動車デザインやパッケージング、売れ筋車に詳しい自動車ジャーナリストの3人に、それぞれ「ド派手顔グリル、どう思いますか?」と聞いてみました!

文:清水草一、片岡英明、渡辺陽一郎
初出:『Laptrinhpic』 2018年5月10日号「春の大激論」より


■清水草一「シンプルな機能美こそ究極の姿」

 自動車デザインは人それぞれ好みの問題という見方もあるだろうが、やはりよしあしの面もある!

 軽ハイトワゴンのワル顔は、「軽だからこそナメられたくない」というユーザーの潜在欲求に応えたことで爆発的に売れたわけで、そういう需要を掘り起こしたのはビジネス的には超エライ! が、ムリヤリ顔だけワルくしているモデルもある。

ホンダN-BOXカスタム。N-BOXは今や日本のトップセラーカー。そういうクルマがド派手顔を採用
ホンダN-BOXカスタム。N-BOXは今や日本のトップセラーカー。そういうクルマがド派手顔を採用

 といっても全部ダメなわけではなく、ワゴンRはワルなスティングレーのほうがしっくりきているといった例もある。とはいえ、ノーマルモデルのほうがデザイン的に完成度が高いことが多い。

 なにせ軽の本質は機能性。初代ワゴンRのような、シンプルな機能美こそが究極の姿だ。ワゴンR(欧州仕様)をわざわざ所有していたガンディーニ氏も、その点を高く評価していたのだ!

1994年発売のスズキ初代ワゴンR。確かにスマートで美しい
1993年発売のスズキ初代ワゴンR。確かにスマートで美しい

■片岡英明「日本だけの流行ではないが……」

 最近はド派手なフロントマスクが好まれている。ただし、これは日本だけの流行ではないのだ。

 欧米でもメッキ塗装を多用し、厚化粧したクルマが増えている。存在感をアピールするためだが、日本では欧米より至近距離で見ることが多いから、ドヤ顔が目立ってしまうのだ。

 今は派手なフロントマスクの車種も多い背の高いミニバンやSUVがファミリーカーの時代である。歩行者保護の安全性を確保するために、ボンネットの位置を意識して高くデザインするようになった。当然、フロントマスクは大きくて目立つ。

「ド派手顔市場」の先頭を走り続けているトヨタアルファード/ヴェルファイア。ド派手顔は世界的な流行だが、この2台はその中でもさらに派手
「ド派手顔市場」の先頭を走り続けているトヨタアルファード/ヴェルファイア。ド派手顔は世界的な流行だが、この2台はその中でもさらに派手

 しかし、そのいっぽうで薄型のLEDヘッドライトが主流になりつつあるし、ラジエターのいらないEVも今後は増えてくる。そのため、威圧的でド派手なグリルを捨て、スマートなフロントマスクのクルマがどんどん出現する可能性も高いのだ。

 それを多くの人が支持すれば、ドヤ顔のクルマは減るはずだ。

■渡辺陽一郎「好きなデザインを選べばいいが」

 クルマを購入する時、運転感覚や居住性が気に入っても、外観、特にフロントマスクが好みに合わないと避けてしまう。自動車メーカーは販売しやすい外観を追求して、ミニバンや軽自動車の背の高い車種は派手なメッキグリルを使ったフロントマスクとエアロパーツのスタイルに行き着いた。

こちらは軽自動車の月販販売台数2位スズキスペーシアのカスタム。こちらのド派手顔もなかなか個性的……
こちらは軽自動車の月販販売台数2位スズキスペーシアのカスタム。こちらのド派手顔もなかなか個性的……

 走りの楽しさを求めるタイプのクルマ好きは、高重心のボディにエアロパーツを装着する矛盾とアクの強い造形を気にするが、クルマに詳しくない人は、単純にカッコイイとかオシャレと受け取ることが多い。このような派手なカスタム系は中高年齢層の女性にも人気があったりする。当たり前の話だが好きなデザインを選べばいい。

 ただし派手な外観がドライバーの気分に影響を与え、運転まで派手というか乱暴になるとすればとても問題だ。安全性の観点から、外観がドライバーの心理に与える影響なども研究する必要があるとも考える。

■編集部によるまとめ「クルマは街の風景でもあります」

 片岡氏の言うように、ド派手顔のデザインが世界的な流行となると、今日本で人気があるのも仕方がないかもしれません。トレンドですから。

 とはいえ、清水氏の言うように、初代ワゴンRのスタイルは本当にすばらしかったと思います。ド派手顔のクルマばかりが売れて、初代ワゴンRのような優れた機能美のクルマが誕生しにくくなるのであれば、ド派手の流行は早めに終わったほうがいいのでは……という心配もあります。

 もちろん渡辺氏のいうように、好きなクルマの好きな顔を選べばよいのですが、とはいえクルマは「自分の所有物」であると同時に「街の風景のひとつ」でもあります。また、フロントグリルは「外出時には(中に乗っている人)オーナーには見えず、周囲の人やクルマにだけ見えるもの」でもあります。そこがこの問題の難しいところ。

 またこれも渡辺氏のいうとおり、もし「ド派手顔のクルマ」を選ぶ理由が「威張りたい」だとか「大きく見せたい」というのであれば(その気持はわかりますが……)、それはあくまで「見た目」だけにして、それが運転マナーや交通法規には影響が出ないように心がける必要があるでしょうね。

最新号

Laptrinhpic最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |Laptrinhpic11月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ

shopvashtextil.com.ua/catalog/index/73-pokryvala-u-pledy/0/75

https://steroid.in.ua

moto-sto.kiev.ua