【ミニバン王座が大変身】新型セレナ「派手顔」で盤石? それとも…?

 国内市場に売れるクルマが少なく、ディーラーから悲鳴が上がっている日産。数少ない奮闘しているモデルのなかで注目なのが、8月にビッグマイナーチェンジを行ったセレナだ。

 2018年のミニバン販売台数NO.1達成に加え、2019年上半期もミニバン販売台数NO.1(5万3662台)も達成。そして、2019年8月度も、シエンタに続き、登録車第2位(7714台)を達成するなど、好調を維持している。

 販売台数は堅調だが、今回のビッグマイナーチェンジは、実際の現場とお客さんにはどのように受け止められているのだろうか? その本当のところを、遠藤徹氏が聞き出した。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】マイナーチェンジしたセレナを細部までチェック!


■堅調な売れ行きのポイントは「e-POWER」と「プロパイロット」

 日産の主力ミニバンである「セレナ」が8月1日にビッグマイナーチェンジし、販売で更なる飛躍を目指している。

 1~8月の登録累計は7万167台、月平均8771台、前年同期比1.7%減とマイナスだが、8月単月だと7714台、21.3%の大幅増と人気の復活を印象付けている。登録車の通称名別ランキングでは堂々の3位浮上であり、同クラスミニバンではトヨタ・ヴォクシーを上回り再びトップを確保した。

 現場の販売店も「かなり好調に売れている。ハイウェイスターのフロントマスクが見栄えのいい大型グリルデザインになり、自動運転支援システムのプロパイロットやe-POWERも改良するなどで商品性の向上などがセールスポイントになっている」(首都圏日産店)と、手放しで明るい表情を見せる。

 9月下旬現在の納期は、1カ月あまりでマイナーチェンジにしては長期化する傾向にある。

 ハイウェイスターは押し出し感のある大型グリルを採用しているわけだが、「ライバル他社のデザイントレンドを真似した感じもするが、昨年末にはエルグランドも同じようなデザインにし好評だから、こちらとの整合性を考慮したのかも知れない。どちらにしてもこうした顔つきは最近のトレンドになっているので、お客さんからの受けはよい。」(同日産店)と打ち明ける。

360度にわたる「全方位運転支援システム」も標準装備。後側方や後方から接近する人や車両もカバーする。従来のカメラに加え、新たにレーダーを追加したことで夜間対応性能も大幅に向上している

 最近の傾向としては、プロパイロットの装着率が高まっていることが目立つ。当初はあまりなじみがないため非装着車を選んでいたのが、最近までに運転しやすいことや安全走行の信頼性が口コミで伝わり、今回のマイナーチェンジを機会に同じ非装着車のセレナからプロパイロット装着車に代替えしたケースもある。

 当初は30%程度だった装着率は、マイナーチェンジ以降40%以上に跳ね上がっている地域もある。顔つきが派手なハイウェイスターの販売構成比も高く、最近は70%以上とマイナーチェンジ前よりも10ポイント程度高まっている。

 e-POWERも、発売当初はエンジンブレーキの利きすぎや騒音が指摘されたが、マイナーチェンジによってマイルドに改良、静粛性の向上によって購入希望者が増えている。

 こちらも、最近は40%程度の販売構成比となっている。モーターのレイアウトの関係でe-POWER車は7人乗り、ほかは8人乗りで2WD車のみ。8人乗りや4WDにもe-POWERが設定されれば、こちらの装着率はさらに高まる可能性がある。

熟成が進んだe-POWER。日産の国内市場をけん引する技術だけに、多くのユーザーに受け入れられるように改良を重ねることは重要だ

■新型投入を販売店はどう感じているのか?

●証言1:首都圏日産店
 8月から9月にかけては、改良前の在庫車がかなりあったので、新旧併売のような状態になっていた。旧型では45万円以上の大幅値引きが可能だから売れ行きはよく、今時点ではほとんどない状況だ。

 新型だと25万円程度に引き締めている。ただ9月は中間決算セールでキャッシュバック、ナビの割引、オプションサービス、下取り車の高価格買取りなどがあるので売れ行きは一段と好調になっている。

 したがって、本当の意味での新型セレナの正確な評価は10月以降と見ている。消費税の引き上げによる買い控えも多少あると思うが、最近は残価設定クレジットの購入者が増えているので、毎月の負担感は軽減されていると考える。

●証言2:首都圏日産プリンス店
 新型セレナは現在、日産唯一の収益車だから好調な立ち上がりは大いに期待が持てる。

 ほとんどのお客さんがナビ、ETC、ドライブレコーダー、コーティング、フル安全装備の装着希望なので助かる。プロパイロットが着実に浸透し、お客さんに理解が深まっているのは嬉しい。装着率が半分を超えるのは時間の問題かも知れない。

 e-POWER車の販売も増えていて、ほとんどが大型グリルを装着したハイウェイスターで占められている。


 今回のビッグマイナーチェンジは、ディーラーもいい手ごたえを感じているようだ。

 し烈な競争が繰り広げられる、人気の高い5ナンバーサイズミニバンのカテゴリー。日産にとっては、稼ぎ頭のセレナは絶対にコケてはならない1台だ。トップの座を守るべく、これからもあれやこれやと手を打ってくることだろう。

【画像ギャラリー】マイナーチェンジしたセレナを細部までチェック!

最新号

Laptrinhpic最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|Laptrinhpic 12月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ