プリウスの顔がやっとまともに?! 12月17日のマイチェンで販売挽回なるか?

 2015年12月にデビューした現行プリウスですが、あまりにもアクの強いフロントマスクのためか、賛否両論を巻き起こし、販売台数は先代プリウスに比べ、大ヒットとはいえない状況が続いています。

 トヨタは、こうしたプリウスの販売を挽回するべく、2018年12月17日にマイナーチェンジします。懸案の顔は、やっとまともな(?)顔に変更され、安全装備が充実します。

 さっそく、どこがどう変わったのか、迫ってみることにしましょう。

文/Laptrinhpic編集部
写真/Laptrinhpic編集部


■2018年12月17日発売、事前予約開始は12月1日から

LaptrinhpicがCGで製作した予想イラスト。ヘッドライトデザインが変わったことで、当然フロントバンパーのデザインも変更される。ロアグリル横が縦長の大型エアダムを思わせる形状となり、こちらも精悍かつスポーティなものになる

こちらが現行プリウス

 2009年5月にデビューし、発売1カ月で月販目標台数の18倍にあたる、18万台の受注を獲得した先代、3代目プリウス。その先代に比べると現行、4代目プリウスは、2015年12月9日に発売されたが、発売1カ月の受注台数は月販目標台数1万2000台の8倍、約10万台と、いまひとつだった。

 その理由として「外観デザインがもうちょっと……」ということが言われるが、2018年12月17日に行われるマイナーチェンジで、その外観および内装デザインが大きく変わる。

 入手した情報をもとにLaptrinhpicが製作したCGだが、外観はほぼこれで確定。フロント、リアともに、その印象が大きく変えられている。

 まずフロントで目をひくのが新造形となったヘッドライトだ。マイチェン前モデルではオレンジ色のターンライト下部がバンパーまで食い込むようなデザインとされていたがこれをやめ、プリウスPHVのようなスッキリとした、それでいて鋭さを感じさせるものに変更された。

リアまわりの印象も大きく変わる。マイチェン前モデルはイルミネーションのような縦長のリアコンビネーションランプデザインを採用していたが、これをスッパリとやめ、ご覧のようにまったく新しい横長を強調したデザインとなる

現行プリウスのリアスタイル

 このデザインテイストはプリウスPHVとも異なり、マイチェン版プリウスに新しいキャラクター性を与えてくれるものとなるだろう。

 もちろんこのリアコンビランプのデザイン変更により、リアバンパーもデザインが変わり、細かいところでは車名エンブレムなどの取り付け位置も下方に移動される。

■JC08モード燃費は若干下がり、価格は約10万円のアップ

 前後デザインが大きく変更され、新たな魅力を獲得することになるマイチェン版プリウス。これだけでも、そうとう力の入った、大がかりな改良であるとわかるが、機能面にも改良の手が入る。

 気になる燃費は、現行モデルのエントリーグレードであるEグレードが40.8km/Lだが、今回のマイナーチェンジで安全装備充実のため、重量が嵩み、Eグレードが39.0km/Lになる見込み。先進安全装備「トヨタ セーフティセンス」もベーシックモデルのE、Sグレードにも標準装備され、薄暗い場所での人、障害物のほか標識などの検知機能が向上される。

 現行プリウスの価格はEの242万9018円から、Aプレミアムツーリングセレクションの319万9745円。これだけの改良ゆえ、価格が気になるところだが、10万円程度の引き上げになる見込み。以下入手した価格情報は以下の通り。

●E/251万8560円、S/256万5000円、Sツーリングセレクション/273万2400円、A/284万2650円、Aツーリングセレクション/300万6720円、Aプレミアム=317万5200円、Aプレミアムツーリングセレクション/328万4280円。以上2WDの価格。

最新号

Laptrinhpic最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |Laptrinhpic11月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ

www.steroid.in.ua/products/primobol-british-dragon

новая витара

как применять протеин