カローラスポーツ、フォレスターなどの最新車で一番安全なクルマはどれだ?衝突試験結果公開!

最近では、クルマを選ぶ際に重要なファクターのひとつとなっている衝突安全性。年を追うごとに衝突安全性は進化しつつ続けており、ユーザーの関心度も高くなるいっぽうだ。

そんなクルマの衝突安全性の指標のひとつとなっているのが、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が行っている市販車の安全性能を評価する試験、自動車アセスメント(JNCAP)だ。

その自動車アセスメントの2018年度前期の試験結果が公開された。公開された車種はトヨタカローラスポーツ、スバルフォレスター、ホンダN-VAN、マツダアテンザ、スズキソリオ/ソリオバンディット(デリカD:2、D:2カスタム)、三菱ekスペース/ekスペースカスタム(日産デイズルークスハイウェイスター)、トヨタカムリ(ダイハツアルティス)、スズキクロスビー、三菱エクリプスクロス、ホンダオデッセイの計11車種。

この試験結果で見えたものは? 最新車で一番安全性能に優れたクルマはどれだ?

文/Laptrinhpic編集部 西村直人
写真/Laptrinhpic編集部 独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)
初出/Laptrinhpic2019年1月26日号


■衝突安全&予防安全評価の2018年前期試験を公開!!

TEXT/Laptrinhpic編集部

三菱エクリプスクロスのオフセット前面衝突試験(64km/h)

新車を購入する時、安全なクルマを買いたいという人が年々増え続けている。安全なクルマを買いたいと思っている人の大事な指標となっているのが自動車アセスメントだ。

自動車アセスメントは1995年から実施されているが、当初は『衝突安全性能評価』だけだったが、2014年度からはこれに加えて衝突被害軽減ブレーキなどの『予防安全性能評価』の結果も公表されている。

まず、予防安全性能評価は、2018年度から評価項目に、

●「夜間対歩行者被害軽減ブレーキ(街灯あり)」
●「踏み間違い時加速抑制」
●「高機能前照灯」

この3つの機能の試験が新たに導入されたことが大きなポイントだ。これによって予防安全性能評価の得点は、これまでは対車両の被害軽減ブレーキ、対歩行者の被害軽減ブレーキ(昼間のみ)、車線逸脱抑制、後方視界情報という4つの評価を合計した79点が満点だったが、今回からは先の3つの評価が加わり、満点が126点になっている。

NASVAが公開した夜間の対歩行者被害軽減ブレーキテストのデモンストレーション

■2018年前期予防安全性能最高点を獲得したのはカローラスポーツ!

2018年度前期はこの全部で6つの項目(夜間の対歩行者被害軽減ブレーキは、対歩行者被害軽減ブレーキの評価内に含む)で評価した、乗用車8車種、軽自動車3車種、計11車種の試験結果が発表された。

その結果は下の表のとおり。最高点を獲得したのはカローラスポーツで122.4点。満点が前年度の79点から126点に増えたことで、予防安全性能の最高評価である「ASV++」(46点以上)は、2018年度からは「ASV+++」(86点以上)へとひとつ上の基準が加わり、最高ランクの「ASV+++」は、カローラスポーツやフォレスター、N-VAN(2モデル)、アテンザ、ソリオ、eKスペース/デイズルークスの7車種が獲得。そのほかの4車種は「ASV++」となった。

総合点122.4点で前期試験トップに輝いたのはカローラスポーツ、2位は0.1点の僅差でスバルフォレスター、3位は120.6点でホンダN-VANが3位

なお、特に注目された夜間対歩行者被害軽減ブレーキの試験結果は、カローラスポーツとN-VAN(2モデル)が満点の40点を獲得している。両車は衝突被害軽減ブレーキが夜間の歩行者に対応していることをウリにしており、今回の結果はその性能を証明したカタチだ。

予防安全性能評価で最高得点を記録したのは126点満点で122.4点を獲得したトヨタのカローラスポーツ。対歩行者被害軽減ブレーキ試験は夜間を含めて満点(65.0点)だった

■衝突安全性能評価は満点が100点に変更

いっぽうの衝突安全性能評価は、衝突試験による乗員保護性能をはじめ、歩行者保護性能、シートベルトリマインダーなどを総合的に評価。その評価試験の内容に変更はないが、合計点は2017年度の208点満点から100点満点に変わったのがトピック。

2018年度前期は、乗用車4車種が公表された。その結果は下表のとおり、最高ランクである5つ星評価の「ファイブスター賞」を4車種とも獲得。

最高得点だったのは三菱のエクリプスクロスで89.7 点。続いて、カムリ/アルティスが85.5点、クロスビーが85.2点、オデッセイが83.9点を達成している。

2018年度前期の衝突安全性能評価ナンバー1になったのは89.7点を獲得した三菱のエクリプスクロス

2位がカムリで85.5点、スズキクロスビーは85.2点で3位、オデッセイは4位で83.9点

■自動車アセスメント結果の疑問点は?

TEXT/西村直人

2018年度自動車アセスメントの結果は上記の表などで紹介してきましたが、その採点結果のなかには「これはなぜ?」と気になる部分もみられました。そんな疑問点に加え、今時の予防安全性能についての疑問点に、先進安全システム事情に詳しい自動車評論家の西村直人氏が答えます!

■対歩行者被害軽減ブレーキは夜間テストがあるのに対車両にないのは?

そもそも夜間、車両に対して衝突被害ブレーキが作動するのかという疑問があるだろう。結論からするとYESだ。

しかし、次の限定条件が付く。センサーがミリ波レーダーの場合は、電波を使用しているため物体を認識することができれば明暗問わず対応可能。降雨時や降雪時の対応も昼間と同じだ。一方、センサーが光学式カメラのみの場合は、形状に加えて前方車両の尾灯やブレーキランプが認識できることが条件。

ヘッドライトの照射範囲に前走車が入れば認識率はさらに高まる。ちなみに、すれ違い前照灯は40m、走行用前照灯は100mの照射範囲が基準。

ということで、対歩行者に夜間が採用されたのに、対車両にはないという疑問に対する答えは「すでに対応済みだから」となる。

■夜間歩行者被害軽減ブレーキ評価の満点車と、満点じゃないクルマの差は?

夜間の対歩行者被害軽減ブレーキテストは道路横断中の歩行者に30~60km/h(テストは5km/h刻み)で近づいた際、停止するか否かをテストするもの。対向車がいない道路で前方右側から歩行者が横断する場合(CPF)と、対向車とすれ違った後に歩行者が横断する場合(CPFO)の2種類を行う。

対歩行者テスト(65点満点)のうち、40点が夜間テスト分。例えば、夜間満点のカローラスポーツと夜間37.8点のフォレスターでは、CPFOシナリオで2.2点の差。具体的にはフォレスターは50km/hの試験時に15~20㎞/h程度で歩行者と接触したが、カローラスポーツは50km/h試験では完全回避。60km/h試験でも3回テスト中2回は回避(1回は16.9km/hで接触)している。すなわちこれが性能差となった。

■踏み間違い加速抑制評価の満点車と、満点じゃないクルマの差は?

模擬車両に接近させ、アクセルペダルを急激に踏み込み、急発進と急加速を抑制するかを確認するペダル踏み間違い抑制装置の評価はいかに?

アクセル/ブレーキのペダルを踏み間違えてしまった際、踏み間違い加速抑制装置によって1m先の障害物と接触する前に停止できるか、または接触した場合でもどれくらい速度を落とすことができたか? これを前方と後方の両方でテストし、前/後それぞれに障害物なしのテストも行うので合計試験は4種類。

例えば、2.0点(満点)のフォレスターは前方を複眼式光学カメラセンサー、後方を超音波ソナーセンサーで障害物を認識し、前後とも接触せずに完全停止。対して、1.2点のN-VAN(センサーは前/ミリ波レーダー、後/超音波ソナー)では、同条件の障害物に対して前4.8km/h、後4.9km/hで接触している。しかし、これでも障害物なしテストの比較では約3km/hの速度低減効果が図られている。

■高機能前照灯評価の結果が2つに分かれた理由は?

夜間、ヘッドライトを点灯して走行中に対向車などに応じ、すれ違い前照灯(ロービーム)と走行用前照灯(ハイビーム)を自動で切り替える「自動切り替え型前照灯」が装備されていれば1.4点。

対向車が眩惑しないようヘッドライトを部分的に点灯(対向車部分を消灯)させて前方の視界を確保する「自動防眩型前照灯」が装備されていれば満点の5.0点。

ロー/ハイの自動切り替え型は既存のヘッドライトに対向車を認識する光学式カメラと自動切り替え機構を組み込めば完成するが、防眩型はヘッドライトの構造変更が不可欠なため高価。

しかし、その効果でみれば防眩型が圧倒的に高く、街灯のない郊外路ではハイビームでも対向車を避けて点灯し続けることができるため視認性も抜群だ。

■クルマを選ぶ際、予防安全装備のチェックポイントはどこにある?

これまでも私は言い続けているのだが、運転支援技術である衝突被害ブレーキは、その最終段階にあるブレーキ機能だけに着目するのではなく、事前の警報ブザーやディスプレー表示がどれだけわかりやすくドライバーに伝わるのかが肝。

同時に、急ブレーキや急ハンドルなどの回避動作がとりやすい運転姿勢が誰でもとれるかどうかも確認したい。

衝突被害ブレーキは技術進化によって人にも反応し、しかも夜間にまでその作動領域が拡がった。この先も衝突被害ブレーキに求められる性能はどんどん高まる。

例えば併走する自転車への対応や、街灯のない夜間の道路でも作動するか否か。実際、来年度からは街灯なしでの夜間対歩行者に対する衝突被害ブレーキのテストも織り込まれる。

編集部注/テスト結果を見ただけでは「要するにどのクルマが安全なのか」がいまいち分かりづらいが、とりあえず同一テスト車種内で比べた場合は上位にきたクルマ、つまりカローラスポーツやN-VAN、フォレスターやアテンザは比較的安全性が高い、とは言えそうだ。

■トヨタが発表した後付け踏み間違い加速抑制装置を体験してみた!

トヨタの後付け踏み間違い加速抑制装置は販売店装着の純正用品で発売。写真下段が超音波センサー(前・後)、写真右上が車内に取り付ける表示機

最後にトヨタから発売されている後付け踏み間違い加速抑制装置を体験してきたので紹介しよう。

現時点でプリウスとアクアが対象(※)だが、2車だけでその数は230万台を超えるため、潜在的な被害軽減効果は高い。過去に三菱ふそうの大型観光バス「エアロクィーン/エアロエース」において衝突被害ブレーキのレトロフィットを実施したが、乗用車メーカーでここまで大規模な実施例はない。

※対象はプリウス/2009年5月18日〜2015年12月8日販売モデル。アクア/2011年12月26日〜2018年4月2日販売モデル

踏み間違い加速抑制装置があれば、万が一間違えてアクセルペダルを強く踏んでしまっても加速が抑制される。

さっそく、その後付けプリウスに試乗した。センサーは前2/後2の合計4つの超音波センサー(検知距離約3m)で前や後に障害物があった場合には、まず断続的な警報ブザー(コーナーセンサーでの検知時のような音)で注意喚起。

そのままアクセルを踏み込むと警報ブザーは連続音に変わり、同時に表示装置(システムの電源も兼ねる)には大きく「アクセルを離してください」と表示される。

バック時に障害物がない場合でも5㎞/h以上になると加速力が弱まり(上限20㎞/h)、同じく「アクセル離してください」と表示される。価格は工賃含めて約8万円(本体5万5080円)となる。

なお、ダイハツからも同様の機能が「つくつく防止」として2007年12月発売のタント向けに発売された。

ダイハツは2007年12月発売の2代目タント用の後付けペダル踏み間違い加速抑制装置『つくつく防止』を発売。価格は3万4560円(標準取り付け費込み5万9508円)。今後対応車種は拡大される予定

最新号

Laptrinhpic最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|Laptrinhpic 12月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ