エクストレイル ヴィッツ ノア3兄弟… 気になるクルマたちの特別仕様車・ニューモデル情報!!

日産エクストレイル、リーフ、トヨタのノア、ヴォクシー、エスクァイアの3兄弟、ヴィッツなど、年の暮れからアタマまでに出揃った、人気国産車・輸入車の特別仕様車、ニューモデル、一部改良情報を一挙ご紹介!

今回出揃った13台を眺めてみると、国産車は安全性能のアップデートに重きを置き、輸入車ではドライバビリティをはじめとした“走り”の部分のアップデートに重きを置いたクルマが多いように思います。

安全性能はドライバーや同乗者の安全や命を守る要の部分ですから、どのように変更されているのかについては注意深く確認していただきたいところです。

※本稿は2019年1月のものです
文・写真:Laptrinhpic編集部
初出:『Laptrinhpic』 2019年2月10日号、2月26日号


■日産 エクストレイル(一部改良・1月28日発売)

日産エクストレイルの仕様が向上した。ハイビームアシスト、日産オリジナルナビ取付パッケージが全車標準装備となったほか、踏み間違い衝突防止アシスト機能に前進時歩行者検知機能を追加。20XグレードにはLEDヘッドライトを標準装備。価格は20Sで3万3480円のアップとなる。

■価格:223万1280円〜

■トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイア(一部改良・1月7日発売)

トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアが一部改良された。Toyota Safety  Senseに昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を採用したほか、インテリジェントクリアランスソナーを設定。 特別仕様車も追加され、ヴォクシーにはZS“煌2”、ノアにはSi“W×B2”、エスクァイアには“プレミアムパッケージブラックテーラード”が新たに用意されている。

ノア

ヴォクシー

エスクァイア。価格は、ノア・ヴォクシーの最廉価モデルは4万3200円のアップ、エスクァイアの最廉価モデルは1万800円のアップとなる

■価格:250万9920円〜

■トヨタ ヴィッツF “セーフティーエディション3”(特別仕様車・1月7日発売)

トヨタはヴィッツ誕生20周年を記念した特別仕様車を発売した。「F」「ハイブリッドF」をベースに、Toyota Safety  Senseやインテリジェントクリアランスソナーなど多数の機能を特別装備している。

■価格:138万5640円〜

■日産 リーフ(一部改良・1月23日発売)

日産リーフにバッテリー容量とモーター出力が増加したe+が追加されたが、従来グレードも仕様が向上した。踏み間違い衝突防止アシストとLEDヘッドランプが全グレード標準装備になったほか、GとXには「カープレイ」に加えて「アンドロイドオート」にも対応した。Xには16インチアルミホイールを標準装備した。価格は最廉価のSグレードで9万2880円アップとなる。

■価格:324万3240円〜

※「e+」についてはこちらの記事もご覧ください。

■メルセデス・ベンツ S560eロング(ニューモデル・12月13日発売)

メルセデス・ベンツのSクラスにプラグインハイブリッドモデルのS560eロングが追加され、2018年12月13日に発売された。プラグインハイブリッドモデルは2017年のマイナーチェンジで廃止されていたが、復活した形になる。

S560ロングから2気筒削減された最高出力/最大トルクが367ps/51kgmのV6ターボエンジンを搭載する。モーターは122ps/44.9kgm、システム出力は476ps/71.4kgmを誇る。130km/hまではモーターのみで走行できる。13.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV走行の航続距離は40.1km。

現在、メルセデス・ベンツ純正の充電用ウォールユニットおよび設置工事が無料で提供されるキャンペーンが行われている。6kW充電に対応するため、計算上2時間15分で0からフル充電が可能だ。

モーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増やすプレッシャポイント機能、不要な加速操作を知らせるダブルパルス機能の2つからなるインテリジェントアクセルペダルを搭載する

■価格:1697万円

■アウディA4 オールロードアブソリュート(特別限定車・12月12日発売)

アウディのA4に特別仕様車オールロードアブソリュートが登場、125台限定で発売された。

ステーションワゴンであるアバントをベースに、 専用色クアンタムグレーを採用。マトリクスLEDヘッドライト、LEDリアコンビネーションライト、19インチアルミホイール、バーチャルコックピット、ACCなど多数の装備、機能を搭載する。

■価格:759万円

■ランボルギーニ ウラカンEVO(ニューモデル・1月8日発表)

ランボルギーニより、新型スーパースポーツカーウラカンEVOが発表された。2019年春よりデリバリーが開始される。

搭載されるV型10気筒、5.2L自然吸気エンジンのスペックは640hp/61.2kgm。0〜100km/hは2.9秒を誇る。新デザインにより空力性能が向上したほか、新ビークルダイナミクス制御システムを搭載しドライバビリティが向上した。

新インフォテイメントシステムは、車両のあらゆる機能を制御できるようになった

■価格:2984万3274円(税抜)

■プジョー 308(一部改良・12月17日発売)

プジョーの308が改良され、ラインナップが一新した。注目は新開発された1.5Lのクリーンディーゼルエンジン。小排気量ながら最高出力/最大トルクは130ps/30.6kgmを誇る。ガソリンエンジンも多岐にわたって改良された。

■価格:283万9000円〜

■プジョー 2008 クロスシティ(特別仕様車・12月18日発売)

プジョーの2008に特別仕様車クロスシティが追加された。アルカンターラシート&ヒーター、バックアイカメラ&ソナー、アクティブセーフティブレーキ、グリップコントロールなど上級装備を搭載する。

■価格:269万9000円

■ルノー ルーテシアRS トロフィー アクラポヴィッチ(特別限定車・1月11日発売)

ルノーのルーテシアRSトロフィーに、アクラポヴィッチ製のマフラーを搭載し、標準マフラーと比べて3kgの軽量化と約2馬力出力アップした限定車が発売された。そのほか、F1タイプエアインテークブレードなども装備。

■価格:344万円

■ジャガー E-PACE(年次改良・12月21日受注開始)

ジャガーE-PACEが年次改良された。従来の300ps、250psに加え、200psのガソリンエンジンを新たに追加し、ディーゼルモデルと併せてラインナップが全30種に拡大。価格が443万円からと、 従来より32万円下がったのもポイントだ。

200psモデルは最高出力200ps/5500rpm、最大トルク32.6kgm/1500rpmとなる

AIを搭載し、温度設定やシート位置を自動調整する機能を装備

■価格:443万円〜

最新号

Laptrinhpic最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |Laptrinhpic11月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ

http://nissan-ask.com.ua

agroxy.com

via-generici.com