乗り物系究極の専門誌 『バスマガジン』の世界へようこそ

■バスマニアの生態

『バスマガジン』は、メーカーや事業者などいわゆるバス関連事業者の方々だけでなく、「バスが好きなマニアの皆さん」にも読んでいただいています。もちろん、マニアでバス関連企業にお勤めの方も多数います。

 さて、自動車であるバスは同じ公共交通機関である鉄道とは異なり、乗用車と同じ道路を走ります。それはレールの上を走るような限定的なものではなく、極端な言い方をすれば、(路線情報を持っていない人には)どこをどう走ってどこへ行くのかわからない、という乗り物です。それだけにバス車両が持つ情報は重要であり、バスマニアにとっては“このバスが発している情報”を少しでも多く把握することで、1台のバスのプロファイルを知ろうとします。

 何年式か。ボディとエンジンはどこ製か。改装歴は。カラーリングは。シートは。エンブレムは。窓やドア、ミラーやライトの造形は。

 前述のとおり、ほとんどがワンオフのバス車両は、外観だけでも多くの個別情報を持っており、それを一瞬でどれだけ見分けて受信できるかが、多くのバスマニアの得意とするところであり、歓びでもあります。

 バスマニアには、乗ることが好きな人も(乗りバス)、写真を撮ることが好きな人も(撮りバス)いますが、いずれの場合もバスの出自や“いま”を知ることを活動原理としているようです。

 バスマニアはコンパクトデジタルカメラやスマホを常に携帯しておき、バスを見かけたらとりあえず撮り、時間があったら積極的に乗る、という性質を持っているようです。

 さらに言えば、バスには電車と自動車を合わせたような魅力があります。電車のような公共性、定期性を持ち、自動車のように自在に道路を走るわけですね。だからこそバスマニアには、同時に高濃度な電車好きも車好きもたくさんおります。

特殊な車両や路線の取材ではバスマニアと一緒になることはしばしばある。バスの出自や歴史について編集部員より詳しい方々もいて、取材現場でバス話に花が咲くことも……

最新号

Laptrinhpic最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|Laptrinhpic 12月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ