ベンツがビットコインで買える!?!? クルマも買えるビットコインっていったい?

 最近飲み屋でおじさまたちの会話に必ず登場する「ビットコイン」。

 最近になって最高値を更新して、「儲かるらしい」とか「仮想だから危険」とかいろいろいわれておりますが、本当はどうなのよ!?

 さらにメルセデスがビットコインで買える、なんてニュースも入ってきました。クルマにまつわるビットコインに迫ります。

 文:Laptrinhpic編集部/写真:Shutter stock.com


なぜいまメルセデスがビットコインなのか?

 今から3年前、突如知られることになったビットコイン。

 最初のニュースがマウントゴックスで起きた盗難、破綻といった事件性があったため、なんだかビットコインそのものがウサン臭いもののように思われているが、ビットコインそのものが悪いわけではなく、現在も仮想通貨のひとつとして存在している。

 そして今年初頭クルマファンが驚くニュースが、飛び込んできた。なんでもあのメルセデスベンツが、ビットコインで買えるというのだ! 

 う~ん凄い、確かちょっと前、アマゾンでBMW i3が買えたが(今はできません)、同じようなことが自動車界に起きるのか? これは気になるところだ。

 さっそくこの経緯を詳しく調べてみると、事の発端はダイムラー本社が電子決済サービスを行っている”ペイキャッシュヨーロッパ”という会社を買収し、傘下に収める計画があるというところから始まっている。

 その会社がビットコインを扱っていたため、ベンツがビットコインで買えるという話が出てきたようだ。もちろん今の世の中の流れを考えると将来的には充分あり得る話。

 果たしてこれからクルマの買い方は変わってしまうのか? ここからは今後、普及しそうな仮想通貨とクルマ界の関係を考えてみよう。

 テーマはふたつ、ひとつは仮想通貨がクルマ界にとって重要なポイントになるのかという話。そしてふたつ目が仮想通貨、ビットコインがキーポイントになるのかという話。

メルセデスのビットコインへの関わりは今後自動車界に影響を及ぼす可能性は高い

クルマのあり方が大きく変わる!?

 先に紹介した、ダイムラーが”ペイキャッシュヨーロッパ”を買収するという話だが、なぜダイムラーがそのような電子決済サービスを必要とするのか。

 その理由は次のようなことが考えられる。まずこれからのクルマ社会は大きく変貌を遂げると予想される。

 これまでのように1台のクルマをローンで買って、数年後にはまたローンを組んで買い換えるというこれまでのパターンではなく、1台のクルマを複数の人で使うカーシェアリングや、アメリカのUberのように移動はほかの人のクルマに乗せてもらうライドシェアというパターンもあるだろう。

 あるいは自動運転がそのまま進めば、クルマは公共のものとなり個人が持つ必要がなくなるかもしれない。

ライドシェアは今後日本でも発展していくことが期待される。過疎地域での「アシ」としての発展も視野に入れられている

 そうなるとクルマはこれまでのように売れない。クルマが売れなくなると自動車メーカーも困ってしまう。

 そういう将来を見据えると自動車メーカーも早い段階からライドシェアに参加したり、カーシェアリング事業に積極的に参加して利益を生み出す鉱脈を見つけておく必要に迫られる。

 飛躍して考えると自動車メーカーが主体となって公共交通手段を運営することも考えられるぞ。都バスがレクサスブランドになるなんてね……。

 そこで必要になるのが自前の決済サービスだ。もちろん決済サービスはわざわざ自前で用意しなくてもクレジット会社を通せばいい、という話もあるが、例えばライドシェアのように小規模決済をすべてクレジット会社に任せてしまうと、それだけで膨大な手数料が発生してしまう。

 例えばアップル社はiPhone7の発表と同時にスマホでSUICAやQUICPayの決済ができるApple Payのシステムを搭載した。

 いっぽうAndroid陣営も似たようなことをやっていて、Android Payというシステムを持っている。これらは最終的には顧客のクレジット口座から使用されたぶんの金額を引き落とすものだが、

 そこに至るまでの手間を省き、使用するのに振込手数料もかからない、さらにポイント付与などユーザーにとっては魅力的なサービスも展開している。

 言い換えれば、システムを持つ者が、ある程度ユーザーを誘導できるということなのかもしれない。

 決済サービスを自前でするということはそんなメリットが生まれてくるわけだ。先に紹介したダイムラーの場合、独自の決済システム、Mercedes Payの構想があることも同時に発表された。

 発表の際、同社のBodo Uebber役員は、「Mercedes Payは、弊社のモビリティとデジタル化戦略における基礎的な要素です。

 この新たな決済システムには、デジタルモビリティサービスを展開する提供者として、提供する製品やサービスをさらに魅力的なものにしようという構想が背景にあります」とリリースで発表している。

 つまり独自の決済サービスを持つということは、ユーザーに対してこれまで以上の魅力的な商品やサービスを展開しやすくなるということを認識しているというわけだ。

 先のBodo Uebber役員はApple PayやAndroid Payを見てそう感じていたのかもしれない。もちろん世界の各自動車メーカーも当然同じようなことを考えていて、今後はみなさん自前の決済サービス獲得に乗り出してくると考えられる。

 自動車メーカーが決済サービスを自前で持ちたい理由は以上のようなことだが、果たしてその決済はどうする? 円? ドル? ユーロ? ポンド? 1国だけでサービスを展開するならそれぞれの国に合わせた貨幣で決済すればそれでいいはず。

 しかし、ワールドワイドで展開しようとするとそれではお金の移動にコストがかかりすぎ。そこで注目されるのがビットコイン。

ビットコインに未来が見える!?

 それではビットコインの有効性を考える前に、まずはビットコインとはなにかという話から始めよう。

 ビットコインとは簡単にいうと、1枚のコインというよりも金の塊だと思っていい。金は世界中で価値あるものとして認められていて、世界中で取引されている。しかも埋蔵量にはかぎりがあると誰もが知っている。

 5月19日現在の金相場は、1g当たり4874円。同日のビットコインの日本でのレートは、22万9538円(6月12日現在では約33万4000円)。

 なので、ビットコインが1枚のコインとすると、そのコインにはこの時点で金約47gと同じ価値があるということになる。

 ただし、実際はビットコインは1コインいくらという取引ではなく、市場では0.1BTC(ビットコイン)=○○万円という形で取引されている。

 そしてその金の塊の中身は何かというと、”誰にいくつ発行され、誰から誰にいくら支払われたか”の膨大なデータが詰まっている(すべて暗号化されているので安心)。

 つまりそれはひとつのデータの塊。しかもそれを動かすプログラムはオープンになっている(中身のデータがオープンというわけではなく動かすプログラムがオープンになっているということ)。

 「じゃあ、なんでそんな誰かの支払いデータに価値があるんだ?」という人もいるでしょう。それはいろんな取引情報が詰まった金の塊に対して第三者が、価値があると判断して売買するサービスを提供しているからにほかならない。

 だからビットコインは常時価格が変動している。そして特徴的なのは、ビットコインは公開された2009年から毎日ほぼ10分ごとに発行されていて、およそ4年ごとにその発行量が半減し、合計2100万ビットコインを上限とすることが最初から決まっていること。

 これはビットコイン自体の価値が陳腐化しないように計算されているからだ。金の埋蔵量がかぎられているのと同じですね~。ここまで読んで、なんでそんなものが必要になるんだ? と思う人がいるかもしれない。

 しかし、現実世界では通貨危機に陥った国の貨幣がいきなり紙クズ同様になったり、デフレになって通貨の価値がどんどん下がったりリンゴ1個買うのに万札が10枚必要になるなどが起きてしまうので、ビットコインのほうが安心できるという一面もある。

 なによりビットコインは世界中の経済活動を円滑に進めるために作られたもので、誰でも日常生活に「使える」ものを目指しているからね。

 ちなみにビットコインを生み出すにはマイニング(取引情報をブロックチェーンに加えていく作業)という作業をすれば、その報酬として生み出されるが、これが実はとんでもない作業。

 さまざまな取引情報を暗号化してブロックチェーンに加えていくため、一台のコンピュータでやろうとすると数億年以上かかるともいわれている。なのでそれを世界中の有志のコンピュータに分散させて行っているのが、現在のビットコインのシステムだ。

 こういうコンピュータの接続方法をP2Pという。そしてビットコインの取引もP2Pネットワークで行われている。銀行のように、どこかに総本山があって、そこですべてを管理しているわけじゃない。

ビットコインはその動きもかなり速い。文中にもあるがわずか3週間でその価値が10万円以上も上がっている

今後のビットコインの進展はいかに!?

 以上説明したように、ややこしすぎるビットコインだが、ひとつのメリットとして挙げられるのが送金コストが基本的に無料に近いということ(具体的には送金する側が送金手数料を設定する)。

 銀行で10円を送金するためにわざわざ送金手数料250円を支払う人はいないが、ビットコインならこれは可能(ただしビットコインの場合は、送金できる最低金額は決められている)。

 そういった意味では小規模決済では便利なシステムといえるだろう。しかもビットコインは金と同じようなものなので、どこの国の貨幣とも両替できるので、両替さえしてしまえば世界中で使える。

 ただ問題がまったくないわけではない。最近では違法なマネーロンダリングに利用したり、交換レートの変動が大きいので、半年前と1週間前では価値が半減していた、なんてことも起きてしまう(メリット&デメリットは下の表を参照)。

 また、仮想通貨に対する法律がまだ不整備なため本格ビジネス参入の弊害にもなっている。このようなことを考えると電子決済の主流になるのはもう少し時間がかかるが、本格始動すれば多くの可能性を秘めたものとなりそうだ。

 以上がクルマ界の未来を見据えた電子決済とビットコインの話だが、ネットの進化は凄まじい。

 もしかしたら、ン年後には「新型プリウス、18ビットコイン」なんて表示がディーラーの店頭でされるかも!? 楽しみですね~。

ビットコインにも現在の貨幣にもメリット/デメリットがある。今後の通貨はいったいどうなる!?

最新号

Laptrinhpic最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |Laptrinhpic11月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ

www.adulttorrent.org/search/Kendra Sinclaire nina lawless/2

тестостерон ципионат

ecostyle.kz