日産がDeNAと組んで開始する「無人運転車両サービスの実証実験」が完全に「未来」

■これが21世紀型の観光地めぐり????

日産自動車とDeNAは、無人運転車両を活用した共同開発中の新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を2018年3月5日(月)より神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で開始すると発表した。

Easy Ride 実証実験用車両
Easy Ride 実証実験用車両。デザインを見ると先代リーフがベースだと思われるが、各種センサーが埋め込まれているであろうバンパー周りがグラマラスでえらくカッコいい

この実証実験には、公式サイトで募集した一般モニター約300組が参加する予定。

ではどんな「無人運転車両サービス」なのかというと、この動画を見てもらうと一番わかりやすい。

 ようはアプリをダウンロードして指定の場所で「呼び出し」をかけると無人運転車両が到着、行き先を指定しつつ、最寄りのグルメ情報やプレイスポットなども検索可能で、案内もしてくれるそう。

うーむ、未来だ。

公式アプリをダウンロードして、通信する。まさかこんな未来になるとは……
公式アプリをダウンロードして、通信する。まさかこんな未来になるとは……

以下は日産の公式プレスリリースから引用。

■実証実験では横浜で約4.5kmを往復運転

本実証実験では、自動運転技術を搭載した実験車両に一般モニターを乗せ、日産グローバル本社から横浜ワールドポーターズまでの合計約4.5Kmのコースを往復運行します。

実験を通じて「Easy Ride」のサービス仕様の評価・確認を行い、誰もがどこからでも好きな場所へ自由に移動できる新しい交通サービスの実現を目指します。

本実証実験では、モニター参加者に目的地の設定や配車などの基本的なサービスに加え、移動だけにとどまらない「Easy Ride」の強みである新しい乗車体験を提供します。

目的地は専用のモバイルアプリで設定しますが、行きたい場所を直接指定する以外に、「やりたいこと」をテキストまたは音声で入力し、おすすめの候補地を表示させてその中から選択することもできます。

乗車中には走行ルート周辺のおすすめスポットや最新のイベント情報など約500件の情報が車載タブレット端末に表示されるほか、店舗などで使えるお得なクーポンを40件程度ご用意しています。

また、両社は、お客さまに安心して乗車していただくため、走行中の車両の位置や状態をリアルタイムで把握することが可能な遠隔管制センターを設置しました。本実証実験では両社の先進技術を融合させたシステムによる遠隔管制のテストも行います。

乗車後に実施する一般モニター向けアンケートでは、乗降時や乗車中の体験についての評価や周辺店舗と連動したサービスの利用状況、実用化した場合の想定利用価格などについて情報を収集します。得られた情報は、さらなるサービス開発や今後の実証実験に活用する予定です。

なお、両社は本実証実験終了後に無人運転環境でのサービスの検討や運行ルートの拡充、有人車両との混合交通下での最適な車両配備ロジックや乗降フローの確立、多言語対応などの検証を進め、限定された環境でのサービスを経て、2020年代早期に本格的なサービス提供を目指します。「Easy Ride」では、お客さまが今まで知らなかった街の魅力に触れる機会を増やすことで、地域経済の活性化に貢献していきたいと考えています。

最新号

Laptrinhpic最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |Laptrinhpic11月10日号

 Laptrinhpicの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。Laptrinhpicスクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ

тренажер беговая дорожка

ремонт коттеджей офисов

buying steroids